08映画缶

【週末息子と見る映画】のKONMA08の映画のパンフレットやらチラシなんかを載せてる自己満足なブログ

No.328 【ムーラン・ルージュ】(2001年日本公開作品)

【週末息子と見る映画】KONMA08がお送りする自己満足ブグ

【08映画缶】

間もなく開演です!!

 

No.328

ムーラン・ルージュ(2001年作品)

今回はチラシとパンフレットです。

f:id:konma08:20210904201327j:plain

f:id:konma08:20210904201332j:plain

《解説》

ふたりの愛、ひとつの運命。

人がこの世で知る最高の幸せ

それは誰かを愛し、

その人から愛されること…

時は1899年。舞台は悪名高く派手で魅惑的なパリのナイトクラブムーランルージュ》。サディーン《輝くダイアモンド》と謳われるムーランルージュのスターにして最も有名なコーディザン(高級娼婦)。彼女は貧しいが才能ある若い作家クリスチャンと運命的な恋に落ち、やがて美しくも悲劇的なクライマックスへと突き進んでいく――

この情熱的で悲しい愛の物語の主人公サディーンクリスチャンを演じるのは【ある貴婦人の肖像】【アイズ・ワイド・シャットニコール・キッドマンスター・ウォーズの新シリーズで若きオビワン・ケノービを演じているユアン・マクレガー。究極の愛を求めてアンダーワールドに足を踏み入れていくオルフェウスの神話に基づいた内容にふさわしく、この上なく美しいベスト・カップルの誕生である。また演技だけでなく歌と音楽で感情を伝えるこの映画の中で、ふたりはすべての歌曲を歌っている。

ダンシング・ヒーロー】【ロミオ&ジュリエット】の斬新なスタイルで世界中にセンセーションを巻き起こしたバズ・ラーマンが監督。また、この映画で重要な役割を果たしている《歌》――ロジャー&ハマースタインからビートルズスティングマドンナデビッド・ボウイエルトン・ジョンT-REXなどの現代のポップスが19世紀末の舞台に散りばめられている。

20世紀のポップ・ミュージックが満載の新しいスタイルのミュージカル映画ムーラン・ルージュは真実、美、自由――そして何よりも愛を謳い上げる物語である。

   ――当時のチラシの解説より抜粋

f:id:konma08:20210904201340j:plain

f:id:konma08:20210904201347j:plain

f:id:konma08:20210904201352j:plain

f:id:konma08:20210904201359j:plain

f:id:konma08:20210904201403j:plain

パンフレットの定価は700円

 ≪MOULIN ROUGE≫

監   督:バズ・ラーマン

製   作:マーティン・ブラウン

      バズ・ラーマン

      フレッド・バロン

脚   本:バズ・ラーマン

      クレイグ・ピアース

音   楽:クレイグ・アームストロング

撮   影:ドナルド・M・マカルパイン

 

出   演:ニコール・キッドマン

      ユアン・マクレガー

 

配   給:20世紀FOX

日本公開日:2001年11月23日

上映 時間:127分

ネット動画を見るなら…